水素水を継続するにはそれなりの負担があるから@後悔したくないですよね

水素の含有量を調べる

水素水に含まれている水素の単位としては、パーツパーミリオンと呼ばれ、ppmと表されている場合が多くなっています。その他にも、パーツパービリオンと呼ばれ、ppbと表記されている場合もあります。ppbの方が単位が小さく、1ppm=1000ppbとなっています。

メーカーによって、水素の含有量が記載されている事と思いますが、数字が大きければそれだけ多くの水素が含有されていると思ってしまう人が多いのですが、水素が多く含有されているように見せるために、ppbの単位で記載しているようなメーカーもありますから、必ず単位を確認するようにしましょう。

現在では、水に溶かすことができる水素の量としては、1.57ppmとなっていますが、科学の進歩と共に、水素水の水素の含有量が増える事が予想されます。

非常に高濃度な水素水である場合には、水素の含有量が1.57ppmとなっている事もありますが、製造過程では、1.57ppmであっても、パックに詰め、消費者に届くころには、水素の含有量が若干少なくなってしまっている事が多いとされています。

サーバーで作るタイプの水素水の場合、水素の含有量が多いまま、体の中に取り込むことができるのですが、水素の含有量が少ないタイプの場合、1本飲用しただけでは、体の中に十分な水素を取り入れる事ができない場合もあります。

数本の飲用としなければならず、多くの本数を購入しなければいけなくなってしまう事もありますから、水素の含有量にチェックした上で、購入する水素水を選ぶと良いでしょう。

DHMOとは

水素水のことを、DHMOと呼び、毒物のように伝えているような場合があります。DHMOとは、水の事を意味している言葉となりますから、毒物の事をさしているわけではありません。ですが、いくら水であっても、飲み過ぎてしまえば、死んでしまうような事もありますし、水中毒になってしまう事もあります。

水素水であっても同じで、過剰摂取を行ってしまうと、水中毒が起こってしまう事がありますから、1日に飲用しても問題がないとされている、2リットル程度に収めるようにすることが大切です。

夏場や、運動を取り入れた場合など、汗と共に、水分が体外に出て行ってしまっている事もあり、2リットルでは足りない場合もあるのですが、一般的には、大人の1日に必要な水の量としては、2リットルとなっていますから、2リットルを超えないようにしましょう。

料理などに利用する水分とは別に、ミネラルウォーターなどから摂取する分だけの水の摂取量となります。水素水を過剰に摂取したからといって、体が急激に変わるという事はありません

悪玉活性酸素が、体内に多くあることで、徐々に体をむしばんでいきますから、水素水の飲用を始める事で、その時にある悪玉活性酸素を除去することができたとしても、病気の治癒をするためには、自分の回復力が非常に重要となるのです。

そのため、いつでも体の中に悪玉活性酸素が発生しないように水素水の飲用を継続することで、病気の進行を防ぐことができますから、継続しての飲用がお勧めとなります。

水素水で多い失敗とは

水素水での失敗として多いのは、飲用を初めてから効果が表れる前に、飲用をやめてしまうという事です。

継続して飲用することで、最近肌荒れが起きなくなってきたと感じたり、朝起きるのが楽になっていると感じる事になるのですが、水素水の飲用を開始して、すぐにそのような効果を実感することができるわけではありません。

1ヶ月から2か月程度継続して飲用を行う事で、徐々に体の変化に気が付くことが多いため、変化を実感する前に、効果がなかったからといって、飲用をやめてしまう人が多いのです。

水素水自体、元々高額であるため、効果を実感することができない物に、毎日数百円支払うのはもったいないと感じる人が多く、飲用をやめてしまう人が多いとされています。



今まで、水の飲用を頻繁に行っていた人の場合には、水素水の効果を実感しにくい場合が多いとされていますが、今まで意識して水の摂取を行っていなかった人の場合には、デトックス効果が高まり、効果を実感しやすいとされています。

その他に多い失敗としては、水素の含有量が極めて少ない商品を購入してしまう事で、水素を体内に取り込むことができていない場合にも、失敗となってしまう事があります。


あまり知られていないようなメーカーであり、口コミもないようなメーカーの中には、悪徳な販売業者もいますから、高濃度水素水として販売していても実際には、水素が入っていなかったり、含有量が極端に少ない場合がありますから、注意が必要です。

しみは紫外線対策とビタミンを摂取するといいようです